webにlog from松緋

アクセスカウンタ

zoom RSS 簡単に写真の一部だけをカラーにするフリーソフトの紹介

<<   作成日時 : 2010/06/11 21:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像画像

私はポートレートの写真を撮ると、人物だけカラーにして背景はモノクロ(またはセピア)に加工する事がよくあります。

これは、被写体だけをカラーにする事で「被写体以外の時間を止める」ような表現ができます。

また、物体の場合は「物体に意味を持たす」という表現ができますね。(右上のサンプル写真がその例です)



ちなみにこのメルヘンな写真ですが、私の部屋・・・・ではありません。

スタジオ撮影の合間に、なんとなく撮影した物です





私はいつもPhotoshopで加工するのですが、「指定した部分以外はモノクロにするフリーソフト」(Photo Black & Color)を見つけたので紹介したいと思います

ソフト自体は英語なのですが、インターフェースがシンプルなので直感で操作できると思います。(しかもインストール不要)



画像

・スポイトツールが勝手に起動するので、そのスポイトで「残したい色」を選択する(ちなみに、サンプルは12色指定)

・フィルムのアイコンをクリックすると一部だけのモノクロ化が実行される。

以上、操作は超簡単ですね




画像

「Photo Black & Color」で作成した画像のサンプル

よーく見ると、処理しきれていない部分が分かりますが、Lサイズなどでプリントするなら問題ないレベルと思います。

このソフトの弱点ですが、残したい部分と近似色が周りにあると、処理されずに残ってしまうようです。

まぁ、苦手な画像があると言う事ですが、色々な画像で試してみてください。


・ダウンロード先

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

ブログ内を検索

簡単に写真の一部だけをカラーにするフリーソフトの紹介 webにlog from松緋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる